#OODA

状況判断で駆動する「機略型のアジャイル開発」

2017.12.24

オリジナル記事

ピックアップ

市谷 聡啓

見積もりができない。どうする?  見積もりって大事ですよね。見積もりは何のために行なうものでしょうか?開発が終わるかどうかの見立てを立てたい。そうですね、たいてい使えるお金と時間には制約があるので、やろうとしていることが本当に完了できるのか、誰しもが把握しておかなければならないことでしょう。それに、開発チームにとってはペースを掴むためにも見積もりは必要ですね。  では、見積もりが出来ないような場合…