DevTabは、ギルドワークス株式会社の運営する、"コードの力”を信じるデベロッパーに向けた記事を集めたサイトです。

デベロッパーに必要な下記の6つの力をそれぞれ「タブ」として切り分けて記事を掲載しています。よりよいコードを書きたい、よりよいプロダクトをつくりたい、そんな想いをもつデベロッパーの皆さんが、少しでも理想に近づけるような記事を紹介しています。

2017.01.31 のピックアップ

やりたいことができない場合は小さく分解すればいい

  • オリジナル記事

皆さんの現場では「ふりかえり」であがったTryはどれほど実行されているでしょうか? 「一見良さそうなTryが出て、チームもそのTryに合意しているが、次のふりかえりで聞いてみると実行されていない」という現象を見聞きします。特に手強いProblemに対するTryや、(壮大な遠い目標を掲げた)新しいチャレンジとしてのTryなどはその傾向は強くなります。 このようなパターンの場合、ふりかえりの会話で「◯…

2017.01.24 のピックアップ

「ふりかえり」をもっとうまくやるためにふりかえる

  • オリジナル記事

クライアントの現場と共に、課題を解決し、あるべき姿に向かうために活動している現場コーチでは、ほぼ必ず自分達チームのやり方を改善していくプロセスとして「ふりかえり」を導入しています。 ふりかえりのやり方は(まずは)オーソドックスにKPTを用いることがほとんどです。このブログではいくつかのTipsを書いているので良かったらそちらも読んで読んでくださいね。 #Tipsその1:「根本的な帰属の誤り」 #T…

2017.01.16 のピックアップ

現場コーチの参考書籍(ファシリテーション編)

  • オリジナル記事

ギルドワークスの事業の1つに、クライアントの現場と共に現場の課題を発見して解決することで「正しいものを正しくつくる現場」に近づく現場コーチがあります。 しています。 それぞれのクライアント、現場のニーズ、課題に応じてどこにフォーカスするかを都度設計していきますが、その活動範囲は多岐にわたります。 アジャイル開発でのプラクティスを取り入れたチームビルディング、プロジェクトマネジメント、技術調査・導入…

2017.01.10 のピックアップ

課題をより深く掘り下げていく質問のやり方

  • オリジナル記事

ギルドワークスの現場コーチでは、色々なクライアントの現場、チームのふりかえりに、アドバイザーやファシリテーターとして参加しています。 ふりかえりでは様々な手法、フレームワークを使いますが、代表的なものにKPT(Keep/Problem/Try)というものがあります。 KPTの解説はプロジェクトファシリテーション実践編 ふりかえりガイドをご覧ください。 そのKPTを用いたふりかえりをやっているチーム…

2017.01.05 のピックアップ

現場コーチでバディを組むことの意義

  • オリジナル記事

ギルドワークスの現場コーチがコーチするチームは必ず「ふりかえり」を行い、フィードバックループを強化するようにします。 現場コーチはひとりで現場にいることもあり、自身へのフィードバックループが働きづらいこともあります。このような時、次の作戦やアクションを導き出す根拠が見誤ってしまったり、視野が狭くなってしまい、判断を誤る可能性があります。 このような状態になりそうな時には、バディを組んで現場コーチを…

2016.11.10 のピックアップ

開発チームの設計力を強化する

  • オリジナル記事

増田です。 最近、いろいろな会社の社内の開発チームの方と話す機会が増えました。その中で、感じることが多いのが「現場の開発チームの設計力」の弱さです。5年以上の経験がある方でも、ご自身の設計力に悩んでいる。チームを引きいる立ち場になると、チームとして設計力の不足を痛感される方が多いようです。 チームの設計力を改善するには、どうすればよいか。それが今日のテーマです。 ※注意:この記事は2014年9月4…

2016.10.27 のピックアップ

顧客開発に適応するためのプロダクト開発8つの原則

  • オリジナル記事

市谷です。 この夏に手がけていた仕事が1つ終わりました。仮説検証のためのMVP開発であったため、プロダクトとしての作り込みはむしろこれからになります。2ヶ月足らずの短い期間でしたが得られた学びは大きく、一部始終をご紹介したいと思います。 ※注意:この記事は2014年9月29日にGuildWorks Blogで公開したエントリをリライトしたものです。 今回のプロジェクトの位置付けはプロダクトの仮説を…

2016.09.29 のピックアップ

グランドルールを活用して安心して発言できる安全な場を作る

  • オリジナル記事

クライアントの現場と共に、課題を解決し、あるべき姿に向かうために活動している現場コーチでは、ふりかえりなどのミーティングでファシリテートを担うこともあります。 そのようなふりかえりなど人が集まる意見を言い合い、議論する場ではグランドルールを活用することが多くあります。 ※注意:この記事は2015年6月16日にGuildWorks Blogで公開したエントリをリライトしたものです。 ふりかえりにおけ…

2016.09.27 のピックアップ

「根本的な帰属の誤り」という考え方

  • オリジナル記事

こんなことはありませんか? 皆さんはタクシー待ちの列に並んでいます。そこに人が割り込んで来たとします。その時、割り込んだ人にどのように感じたでしょうか? 「秩序を壊す人だ」「ルールを守らない、いい加減な人だ」と感じたでしょうか? ※注意:この記事は2015年5月7日にGuildWorks Blogで公開したエントリをリライトしたものです。 一方、自分が同じことをした時はどう感じるでしょうか?自分以…

2016.09.23 のピックアップ

アジャイル開発のインパクトを定量化する

  • 外部記事(コメントつき)japan.cnet.com

アジャイル開発手法はさまざまな規模のプロジェクトに適用でき、採用する企業も増えてきているが、プロジェクトの可視性を得るための方法が確立されているとは言い難い。そこで本記事では、アジャイル開発の影響を定量化するためのティップスを解説する。

さらに読み込む