成長しつづけるデベロッパーのための情報タブロイド

SIerを飛び出して、どんな風景が見えたか

写真:金 翔海金 翔海

これはギルドワークス Advent Calendar 2019 7日目の記事となります。 私は前職ではSIerに10年間勤めており、様々な現場で様々なシステムの開発をしてきました。 この記事では、私がSIerを飛び出して見た風景をお伝えしようと思います。 入社のきっかけ SIerは日本の事業の行く末を担う重要な存在だと、私は思っています。 というのも、SIerのクライアントは優良な事業と強固な事業…

ギルドワークスは価値探索やコーチ以外に、開発もギルドメンバーと共に取り組んでいます

写真:中村 洋中村 洋

この記事はギルドワークスのアドベントカレンダーの1日目です。 要約 ・ギルドワークスは価値探索、現場コーチだけでなく、アジャイル開発も数多くやっています。 ・ギルドワークスの開発チームはギルドワークスの社員とギルドメンバーで成り立っています。 ギルドワークスの事業内容 ギルドワークスの事業内容は価値探索、開発、UIデザイン、現場コーチといろいろです。 代表である市谷の著書「カイゼン・ジャーニー」や…

「正しいものを正しくつくる」プロジェクト

あなたの事業仮説、本当に正しいものですか?

「いきなり最強チーム」プロジェクト

ban_ikinari

リモートワークチームが越境したら、ただの同席ワークだった(だが、それがイイ)

写真:市谷 聡啓市谷 聡啓

逆リモートワーク、一周回って同席ワーク  1月24日、25日と開発合宿を開きました。場所は静岡県のいちぼし堂をお借りして。いちぼし堂さんは、保育所かつコワーキングスペースとなる場の開設を予定しており、今回はオープン前に利用させて頂いた形です。  今回試みたのは、一つのプロダクトの開発合宿ではなくて、複数プロジェクトで合同する合宿。普段はお互いリモートワークで開発しているチームが、日をあわせて同じ場…

情報をうまく共有(Share)するための3つのコツ

写真:中村 洋中村 洋

ギルドワークスの原則の1つに「行動指針としての共有(Share)・表明(Assert)・ふりかえり(Reflet)」があります。 この3つの頭文字を取り「sar」の行動指針と呼んでいます。 行動指針「sar」 共有(Share):状況を共有する。学び合う。 表明(Assert):自分の意見を言う。状況を相手に伝える。 ふりかえり(Reflect):自分で、チームでふりかえる。見直す。 今回はこのs…