成長しつづけるデベロッパーのための情報タブロイド

ソフトウェア開発とは何か?

写真:市谷 聡啓市谷 聡啓

ベタープログラマ  書籍「ベタープログラマ」の14章を読んで、「ソフトウェア開発とは何なのか」という問いに直面しました。ベタープログラマがさまざまなメタファを用いて明らかにしようとするソフトウェア開発のあり方、一つ一つに私は共感しました。このうちどのくらい出来ているのか?を考えるのに良い機会となりました。  一方、ソフトウェア開発とは何かという問いの向こう側に、そもそも「ソフトウェアとは何か」とい…

状況判断で駆動する「機略型のアジャイル開発」

写真:市谷 聡啓市谷 聡啓

見積もりができない。どうする?  見積もりって大事ですよね。見積もりは何のために行なうものでしょうか?開発が終わるかどうかの見立てを立てたい。そうですね、たいてい使えるお金と時間には制約があるので、やろうとしていることが本当に完了できるのか、誰しもが把握しておかなければならないことでしょう。それに、開発チームにとってはペースを掴むためにも見積もりは必要ですね。  では、見積もりが出来ないような場合…

「正しいものを正しくつくる」プロジェクト

あなたの事業仮説、本当に正しいものですか?

「いきなり最強チーム」プロジェクト

ban_ikinari

自分の活動を見える化する「色つき星取表」

写真:中村 洋中村 洋

この記事は、ギルドワークス アドベントカレンダーの18日目の記事です。 今回は、「色つき星取表」を紹介します。 「色つき星取表」ってなに? 結城浩さんが紹介されている自分の活動を見える化するやり方の1つです。 最近の自分がどんな活動に力を入れているのかを簡単に把握する方法(「色つき星取表」を使う) - 結城浩のはてな日記 放置プロジェクトをなくすために「色つき星取表」を使ってみよう|結城浩 この「…

ポイント
1

越境と正しいものを正しくつくる、9つのお話。

写真:市谷 聡啓市谷 聡啓

この記事は、 ギルドワークス アドベントカレンダーの17日目の記事です。 手元のディレクトリの数によると、2017年は31回の講演やワークショップを行っておりました。デブサミに始まり、クライアント企業様向けプライベートセッション、コミュニティイベント、ギルドワークスとしてのイベントなどなど。31回ということですから、月2-3回は人前で話をしていることになりますが、今年は特に回数が多かったように思い…