DevTabは、ギルドワークス株式会社の運営する、"コードの力”を信じるデベロッパーに向けた記事を集めたサイトです。

デベロッパーに必要な下記の6つの力をそれぞれ「タブ」として切り分けて記事を掲載しています。よりよいコードを書きたい、よりよいプロダクトをつくりたい、そんな想いをもつデベロッパーの皆さんが、少しでも理想に近づけるような記事を紹介しています。

2016.11.14 のピックアップ

キャンバス・マップをまとめてみる(後半)

  • オリジナル記事

ギルドワークスの佐々木です。 IT業界に出回っている様々な「キャンバス」や「マップ」をまとめてみたいと思います。前半の記事では◯◯キャンバスについてまとめました。今回は後半として◯◯マップをまとめてみたいと思います。 目次 以下は前半の記事でまとめました。 ビジネスモデルキャンバス パーソナルキャンバス バリュー・プロポジションキャンバス リーンキャンバス MVPキャンバス 今回は以下についてまと…

2016.11.08 のピックアップ

Emotional Development.

  • オリジナル記事

市谷です。 先日、Agile Shimane(松江)にお招き頂きまして、お話してきました。 ※注意:この記事は2015年6月22日にGuildWorks Blogで公開したエントリをリライトしたものです。 ギルドワークスがどんな事を考えて、どのような仕事をしているのか、紹介してもらえたらというテーマ設定でした。いつものように、お客様やチームメンバーに向けて話していることを最初まとめていたのですが、…

2016.11.07 のピックアップ

人の思いをコードの一行一行に仕立てていく。

  • オリジナル記事

※注意:この記事は2015年7月10日にGuildWorks Blogで公開したエントリをリライトしたものです。 市谷です。 何気なく気づいたのですが、私たちがやっていることは事業会社様の事業戦略の立案や実施を仮説検証のアプローチでお手伝いすることもあれば、コード一行一行の書き方についてこだわりながらモノをつくることもしています。私たちは「正しいものを正しくつくる」ことを旗印にしています。ゆえに、…

2016.11.04 のピックアップ

成果をあげるための一本の補助線。

  • オリジナル記事

どうすれば仕事で成果をあげられるか。そのために何を学ぶべきか。また、何に気を払うべきか。タフクエスチョンですね。常に考えさせられる問いかけではないでしょうか。新人のときでも、歳を重ねたとしても、向き合い続ける問いの一つですね。 当然ながら、こうすれば必ず仕事で成果があげられる、これを学べば必ず成果があがる、といった答えがないことは誰もが理解するところ。それに、問い自体が同じでも、置かれた状況によっ…

2016.11.02 のピックアップ

価値を見定めるための実験としての「価値探索」とは

  • オリジナル記事

ギルドワークス市谷です。 新しい事業、あるいはそれを実現する新しいサービスを立ち上げる。企業においてであれば経営企画部や新規事業創出室といった組織の一員として、あるいはその上席者としてこのミッションに取り組むにあたり、どのようなアプローチが求められるでしょうか。正解のない状況において、それでも前に進んでいくのに頼りになるのは「隙のない計画」ではなく「仮説検証」のアプローチです。 ここ数年「顧客開発…

2016.11.01 のピックアップ

ユーザーのインサイトに迫るための4つの道具

  • オリジナル記事

市谷です。 想定しているユーザーが何を求めるのか、ユーザーの立場に踏み込むための道具がいくつかあります。今回はGWで利用している道具立てをいくつかの切り口で分類してみます。 切り口は「ユーザーの感情ベースか、行動ベースで捉えるのか」また「時系列か、定点のいずれで見るのか」の4軸を定義しました。 エクスペリエンスマップは、時系列にて、ユーザーの感情を可視化する道具です。一方、ユーザーストーリーマッピ…

2016.10.28 のピックアップ

新規事業の立ち上げが上手くいかず、毎年同じ展開になってしまう理由

  • オリジナル記事

既存事業を進捗させながら、新規事業を立ち上げることは可能か? 私たちは、新たな企みを立ち上げる事業開発のご支援を多数行っています。事業開発のご相談を受ける際、もっともよく耳にする課題が「事業開発を進めるためのリソースを確保しなければならない」です。なおかつ、ただ担当者がいれば良いというわけでは当然なく、事業開発を進めるためのノウハウや経験を同時に求めることになり、課題感としては切実な場合が多いです…

2016.10.27 のピックアップ

顧客開発に適応するためのプロダクト開発8つの原則

  • オリジナル記事

市谷です。 この夏に手がけていた仕事が1つ終わりました。仮説検証のためのMVP開発であったため、プロダクトとしての作り込みはむしろこれからになります。2ヶ月足らずの短い期間でしたが得られた学びは大きく、一部始終をご紹介したいと思います。 ※注意:この記事は2014年9月29日にGuildWorks Blogで公開したエントリをリライトしたものです。 今回のプロジェクトの位置付けはプロダクトの仮説を…

2016.10.26 のピックアップ

ビジネスモデルキャンバスをソフトウェアにするための開発

  • オリジナル記事

堤さん、飯野さんから「ビジネスモデルキャンバスを中心においたグループウェアをつくる」と聞いたとき、そのチャレンジに高揚感を覚えました。 いよいよそれを作るのか!と士気が高まる一方、どんなカタチにすれば良いのか必ず頭を悩ますだろう!とさっそくの課題感を感じつつ、しかしすぐに、それをお二人と作るのは私たちしか居ないだろうという、使命感に変わりました。 ※注意:この記事は2015年9月15日にGuild…

2016.10.25 のピックアップ

トレードオフスライダーで「基準」の可視化を行なう

  • オリジナル記事

ギルドワークス市谷です。 プロジェクトを始める際にやるべきこととして「インセプションデッキ」づくりがあります。アジャイルサムライで紹介されてから数年が経ちますが、未だその意義が色褪せることはありません。タイミングにより作り損ねてしまった場合はどうしても、その後の進行がぎこちなくなります。インセプションデッキで互いの期待をすりあわせておくことは、たいていのプロジェクトにおいてお薦めしたいことです。 …

さらに読み込む