DevTabは、ギルドワークス株式会社の運営する、"コードの力”を信じるデベロッパーに向けた記事を集めたサイトです。

デベロッパーに必要な下記の6つの力をそれぞれ「タブ」として切り分けて記事を掲載しています。よりよいコードを書きたい、よりよいプロダクトをつくりたい、そんな想いをもつデベロッパーの皆さんが、少しでも理想に近づけるような記事を紹介しています。

越境と正しいものを正しくつくる、9つのお話。

2017.12.17

オリジナル記事

ピックアップ

市谷 聡啓

この記事は、 ギルドワークス アドベントカレンダーの17日目の記事です。 手元のディレクトリの数によると、2017年は31回の講演やワークショップを行っておりました。デブサミに始まり、クライアント企業様向けプライベートセッション、コミュニティイベント、ギルドワークスとしてのイベントなどなど。31回ということですから、月2-3回は人前で話をしていることになりますが、今年は特に回数が多かったように思い…

タイムラインをつかっていこう!(前半)

2017.12.16

オリジナル記事

ピックアップ

川瀬 浩也

この記事は、ギルドワークス アドベントカレンダーの16日目の記事です。 
今回は、ふりかえりの技法「タイムライン」について、お話しをしたいと思います。 おはなしたいコト 私事ですが、前職では開発現場の人たちとの関わり合いを考える中で「アジャイルの文化」に触れる機会に恵まれました。その精神の素晴らしさ・現場で活用されてきたプラクティスの数々は魅力的で、企画職の現場にも取り入れたいと強く思うようになり…

AWSクレデンシャルの漏洩を未然に防ぐgit-secrets

2017.12.10

オリジナル記事

ピックアップ

越 智明

この記事は、ギルドワークス アドベントカレンダーの10日目の記事です。 業務でAWSを触ることもあり、AWSクレデンシャル情報に触れる機会も増えてきました。 AWSアクセスキーの漏洩の話を聞くこともときどきあり、漏洩を未然に防ぐために git-secrets というツールを設定したときのメモになります。 インストール macOSでHomebrew環境の場合、下記を実行でインストールが完了します。 …

関係の質を上げるスモールトーク

2017.12.04

オリジナル記事

ピックアップ

中村 洋

この記事は、ギルドワークス アドベントカレンダーの4日目の記事です。 今回は、スモールトーク(雑談)の紹介をします。 なにそれ? 毎週日曜日の朝1時間程度の市谷と私の2人のオンラインミーティングです。 この「スモールトーク」の名付け親は増田です。 元々は"雑談や相談をする"ということから「ざっそう」と呼んでいたのですが、増田から「親しい間柄での軽いおしゃべり、世間話という意味ならスモールトーク(s…

正しいものを正しくつくるとは何か?

2017.08.28

オリジナル記事

ピックアップ

市谷 聡啓

正しいものを正しくつくるとは何か?  ギルドワークスが掲げている「正しいものを正しくつくる」とは一体何か。関係者から、直接的に問いかけをもらうことはあまりありません。絶対的に定義できるほど分かりやすい「正しさ」を扱っているわけではない、というコンテキストが共有できている場合が多いからではないかと思います。  この機能を実装すれば売上が必ず上がる、この施策を行えば会員が必ず増える、と演繹的に言えるこ…

MVP Award 受賞者インタビュー:第2回最優秀賞『Co-LABO MAKER』 〜これぞ仮説検証のなせるワザ!応募してからが面白い「MVP Award」受賞者の声〜

2017.06.29

オリジナル記事

ピックアップ

佐々木 将之

第二回最優秀賞を受賞した『Co-LABO MAKER』が「MVP Award」に応募してから1年が経ちました。今年はいよいよ開発が始まる段階となり、現在ギルドワークスでは要件定義とマネジメント部分をサポートしています。 「MVP Award」への応募のきっかけ~長年思っていた課題とは? 佐々木 -どんなキッカケで応募されたのですか? Co-LABO MAKER代表 古谷優貴様(以下敬称略 古谷) …

「雪山」には一人では登れない、だからリアルなチームが必要②

2017.06.12

オリジナル記事

ピックアップ

ギルドワークス

前半で市谷が語ったギルドワークスのスタンス。それを実現するためには一人では難しい。ではどんなチームで実現していくのか。ひきつづき市谷がインタビューに答えます。 クライアントとひとつのチームに -前半で伺った仕事のスタンス、仕事ができる人にはすごく楽しそうですが、同時にとても厳しいですよね。 市谷:定型のプロセスじゃなくて、そのケースごとに考え、やり方を変えなきゃいけない。だから「このやり方でやれば…

「雪山」には一人では登れない、だからリアルなチームが必要①

2017.06.12

オリジナル記事

ピックアップ

ギルドワークス

ギルドワークスが何のために、どんなことをしているのか、その根底にはどんな思いがあるのか。 代表の市谷がインタビューに答えました。 ## 「正しいものを正しくつくる」を実現していく集団 -まずはじめに大きな質問ですが「ギルドワークスとは何か?」を教えてください。 市谷:「正しいものを正しくつくる」というミッションは明確に決まっています。これは今後も変えません。ギルドワークスは「正しくつくる」を実現し…

時を超えた越境への道

2017.02.20

外部記事(コメントつき)

slideshare.net

時を超えた越境への道/越境 10年 Expression in the 10th

デブサミ2017「視点移動~ビジネスと組織と人の狭間で越境し続けるエンジニアの物語、その彼岸」セッションでの、私市谷の発表内容。 「視点移…

ソフトウェア開発の中心にあるのは情緒である

2017.02.20

外部記事(コメントつき)

speakerdeck.com

デブサミ2017講演スライド 【16-B-7】視点移動~ビジネスと組織と人の狭間で越境し続けるエンジニアの物語、その彼岸

デブサミ2017「視点移動~ビジネスと組織と人の狭間で越境し続けるエンジニアの物語、その彼岸」セッションでの、新井さんの発表内容。 淡々と…

さらに読み込む